文字の大きさ
NPO法人まーぶるは、障がいとともにある方々への支援を総合的に行ってます。
ホームヘルパー派遣事業(居宅介護、重度訪問介護、行動援護、移動支援)、
通所事業(デイサービス)、入所事業(ショートステイ)
また、二条で重症心身障がい児放課後等デイサービスも行っています。
NPO法人まーぶる
NPO法人まーぶる
[連絡先] 075-874-5639(代表・居宅)/075-874-5617(デイ・ショート)
[緊急連絡先] 080-4014-5617
NPO法人 まーぶる > 活動に参加する

活動に参加する

gooddo

あなたの「いいね!」で、まーぶるを支援してください!

gooddoで支援する

gooddoのページにある「応援する」のボタンクリックで、20point~1,000pointのどれかが出ます。たまったポイントが支援金となってまーぶるに届きます。

■「いいね!」でのご支援の方法

1、まずは、gooddo(グッドゥ)のまーぶるページへ。
http://gooddo.jp/gd/group/marble2009/
2、ページ内のサポーター企業に「いいね!」していただくと、
3、gooddoからまーぶるに、「いいね!」×10円が届けられます!

新しくサポーター企業さんも増えているので、ぜひいいね!で応援してください!

※「シェア×10円」は投稿日から1カ月間・上限2万円となります

寄付金

特定非営利活動法人まーぶるの人材育成は、サポーターの皆さまからの寄付金で支えられています。

→寄付・支援についての詳細・方法はこちらのページをご覧ください。

 

重度障がい者や難病患者の地域生活支援には、医療的ケアや熟練した介護技術と信頼関係が必要です。
地域で生活されている重度重複障がい者の支援には、ホームヘルパーや介護福祉士等の資格を持った訪問介護員が支援にあたります。
しかし、重度重複障がい児者は、個別性が強く新しいヘルパーとの関係づくりには、慣れた介護者との同行を繰り返し、長期間に渡って徐々に慣れていく必要があります。
この同行介護の期間を十分に行わないとそのストレスから介護を受け入れられないだけではなく、体調を崩したり、入院に至る事もあります。
しかし、障害者総合支援法による居宅介護では、十分な同行介護が保障されていません。
また、ホームヘルパーや介護福祉士は資格取得時に医療的ケアを行うための十分な訓練を受けていません。
ご本人様一人に対し一人のヘルパーの同行介護や研修には40時間以上必要です。

サポーターの皆さまによる寄付金により、同行介護や医療的ケアを安全に行う為の訓練ができます。

会員:2,000円/年(年度の途中からでも入会できます。)

年会費を添えて事務所へお申込みください。

NPO法人まーぶるの会員様であれば、どなたでもご出資いただけます。

  • 総会にご参加頂けます。(議決権)
  • 出資金の貸付にご協力頂けます。

振込先

  • 京都中央信用金庫
  • 西京極支店 普通 0453574
  • 特定非営利活動法人まーぶる 理事 福富恵美子

上記の口座にお振り込みいただきましたら、メールもしくはお電話にてご一報いただきますようお願いします。

【電話番号:075-874-5639】
【アドレス:marble.2009@room.ocn.ne.jp

ボランティア

まーぶるの敷地内で、ご本人様たちと同じ時間を共有し、一緒に活動を行っていただけます。 詳しくは、お問い合わせ下さい。