文字の大きさ
NPO法人まーぶるは、障がいとともにある方々への支援を総合的に行ってます。
ホームヘルパー派遣事業(居宅介護、重度訪問介護、行動援護、移動支援)、
通所事業(デイサービス)、入所事業(ショートステイ)
また、二条で重症心身障がい児放課後等デイサービスも行っています。
NPO法人まーぶる
NPO法人まーぶる
[連絡先] 075-874-5639(代表・居宅)/075-874-5617(デイ・ショート)
[緊急連絡先] 080-4014-5617

ショートステイ

投稿日: 2013年8月29日,カテゴリー: 利用者様

ショートステイのご利用希望が多く上がってくる。みなさんそれなりに事情があり大変だから助けを求めてこられる。しかし、悔しいことに十分お受けするだけの体制が取れない。報酬単価が低すぎて満床でないと採算が取れない。利用希望がお一人の場合なんかは1泊で1万円ほどの赤字になる。その日にどうしても利用しなければならない方は、赤字になる分をご負担いただかないと事業所としては成り立たない。知的障害の方は居宅介護が支給されないので、家族が見ることができない時はショートしか選択肢がない。単親の方も結構おられ、家族の介護力はそう期待できない。

入所の大施設のショートならばそう大きな負担ではないが、単独福祉型のショートではとても抱えきれない。お金に余裕のある方しか受け入れづらいことになる。そんなんおかしいよね。

そんな商売をしたいわけではない。でも、報酬単価が低いままであるなら、やり続けるには払える方からはご寄付の協力をお願いしないといけない。払えないなら残念!っていうのもなあ、、、、
なんとかして、一般の方にこの状況を理解していただいて広く一般からの寄付金を募るしかないか。他の単独福祉型短期入所はどうまわしてるのだろうか?

ショートステイ:関連ページ

う〇この時間も計画に則って?
 2015年度から総合支援法を利用しようとする人は全員計画相談をうけて、プランの元に支給量などが決定されてサービスを受けられるようになる。とのこと、、、、 すでにサービス利用をされている方については、今年度中に計画相談を […]
私達がなすべきこと
またまた間が空いてしまいました。 この間、いくつかの研究会、研修会などに参加して、そして、絡み手などとして出場させていただいて、そして、その後の渾身会(いえ、一般的には懇親会)に参加させていただき、いろいろな方とお話をし […]
労働法と介護事業
1月1日更新の36協定書を昨年末提出した。そこでの労基局の担当者からのお話とその後の社労士さんからのお話、いろいろあったのだが、就業時間の変更があった場合、始業時間の繰り上げ、繰り下げ、就業時間の繰り下げなど、、それぞれ […]
事業所と福祉と労働者
昔、福祉は少し独特な世界であった。福祉が商売の対象となるなんて思ってなかった。現場は貧しかったし、その商売にはならない世界にはいるということはそれなりの覚悟と、使命感があったし、いや、使命感ではなくとも強い意志が必要だっ […]
通学支援
京都市から、ほほえみネットなる事業のお知らせがきた。昨夜の10:30頃のメールで。遅くまでご苦労様なんだが、中身が、、、、、 これまで使えなかった通学へのヘルパー利用ができるというものと、制度の谷間で困ったおられた小学校 […]
人材確保
京都府から人材確保のための新規事業ができましたのでご説明に上がります。と連絡が入った。これまでも人材確保のための府の事業はあり、今年度に入って人材育成宣言事業所に宣言したり、研修に行ったりしている。また別に、事業ができた […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*