文字の大きさ
NPO法人まーぶるは、障がいとともにある方々への支援を総合的に行ってます。
ホームヘルパー派遣事業(居宅介護、重度訪問介護、行動援護、移動支援)、
通所事業(デイサービス)、入所事業(ショートステイ)
また、二条で重症心身障がい児放課後等デイサービスも行っています。
NPO法人まーぶる
NPO法人まーぶる
[連絡先] 075-874-5639(代表・居宅)/075-874-5617(デイ・ショート)
[緊急連絡先] 080-4014-5617

脳はほめると喜ぶ

投稿日: 2014年2月13日,カテゴリー: 未分類

昨夜、脳についての番組をしていた。高次脳機能障害やアルツハイマー病、うつ病などの脳がどうなってるのか、その他、若い人たちでなのだが、かなりのダメージを受けた脳が代替え機能が働いて運動機能だけでなく、言語、思考のところでも改善が見られるようになったお話もしていた。根性もののリハビリだけでなく、様々な手法で脳の状態を観察しながらハイテクを駆使してのリハビリもされていた。
治療のお話だけではなく、脳の活動についてもやっていた。
どうすれば脳は活発に働くのか、やる気スイッチはどこにあるのかなどを画像にして研究していた。
ある実験で、課題をこなすと報酬を与えるという条件で取り組ませて見て、その時脳のどこが活発に動いているか、課題に取り組む姿勢はどうなっているかを観察していた。報酬がお金の場合、当初は、お金が与えられるという刺激で脳も活性化し、一生懸命取り組むのだが、徐々に効率が落ちてきて、あくびなんかしたりし始める。ところが、お金ではなく、その都度褒めることを報酬とすると、お金がもらえる時以上に脳が活性化し、それが持続する。これは猿とかではなく、人間での実験だ。
また、別の調査で、常に怒られるという刺激を受けてきたこどのも脳は、聞くということを司る脳神経がそうでないこどもよりも10%ほど少なくなる。両親の間でDVがあり、その現場を見続けてきた場合は視覚野が20%ほど少なくなっていたとのこと。
怒ることが必要な場面もあるけれど、怒っても人は育たない。褒める方が育つ。ということが脳科学的にも証明されているということ。
みなさん、怒ってばかりいないで褒めましょう。

脳はほめると喜ぶ:関連ページ

まーぶるの職人さんたち!
昨年7月からまーぶるで働いている吉田信一です。全く違った業種からこの世界に入って時間も経ち、利用者さんに名前を覚えてもらえるようになりました。この年末年始のデイサービスですが、12月は折り紙での小さなリース制作や、保育園 […]
まーぶるブログが再開します!
なんと、1年半も空いてしまったまーぶるブログ。 当初、福富が思うところを書くということで始めたのですが、なかなか更新できないまま、休眠状態となってしまいました。 このたび、職員たちが、「せっかくなので、私たちみんなで書き […]
ものすごいブランクですみません。
いやー、 前回の5月の更新から4ヶ月、まるまる空いてしまいました。 もうブログはやめちゃったかと思われていたのでは、、、、ですが、気になりつつも、書くエネルギーが無い感じでした。申し訳ありません。 さて、この4ヶ月、、、 […]
「利用者さん繋ぎ止めるには」????なんのこと?
ある会議で、とある大手法人職員さんから、「利用者さん医ケアのある方ばっかりですわ」昔から知ってるところで、そんなに頑張っているとは言いにくかったところ。そこが医ケアに対応してがんばってはるんやな、と思った次の瞬間に、「最 […]
年末に改めて
このところ、個人的なバタバタで更新が滞ってました。少し落ち着いたところで気づけばもうクリスマス&年末。この1年色々とむつかしさを感じた。世の中の空気はどんどんときな臭く、戦争に向かって流れている。戦争は何にも増して命を軽 […]
もうすぐ年末
今年もあと1ヶ月あまりになりました。まーぶるにとって課題の多き年でした。世の中はますます生きづらくなってきています。一部の、ほんの一部の富裕層にとってはなんてことない世の中、それどころかいい世の中のようです。富が富を生み […]
外見って
外見って第一印象に関わって大切のものかもしれない。でも、ひとって外見で判断されてたまるかって思う。外見で、ってなると、重度障がい者といわれる人たちは圧倒的に不利益を得る。そうであってはならないよね。そんなんこまるよ。そん […]
求人活動
本日、福祉職場就職フェアの参加事業所説明会があった。毎年3回は参加していて、だんだんコツもつかんできた。説明会は、事務連絡の他、毎回講師の方にきていただいてのお勉強の時間が設けられている。 今回は、ある介護用品のレンタル […]
全国各地の取り組み
本日、しぇあーどの李国本さんの研究報告会があった。全国各地の重度障害(重心児者)を支援している取り組みの調査報告。いろいろな人たちのいろいろな形での取り組みがあった。人口密度の低い地域では未だに就学もできない(支援学校が […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*